エンドポイント管理

初期設定はシンプル。Android、iOS、Windows、Chrome OS、macOS、Linux のエンドポイント管理は、簡単な設定ですぐに使い始めることができます。

G Suite または Cloud Identity のお客様の場合、エンドポイント管理はサービスに含まれているため、追加料金なしでご利用いただけます。設定する

データのセキュリティを確保

スマートフォンの紛失やタブレットの盗難といった事態に備え、エンドポイント管理で企業のデータを保護することができます。画面ロックや安全なパスワード設定を必須にしたり、デバイスまたは特定アカウントのワイプで Android や iOS 上の機密データを消去したりできます。Windows、Chrome OS、Linux、macOS の特定セッションへのアクセスをブロックすることも可能です。

モバイル端末の管理

エンドポイントを一元管理

G Suite では組織のエンドポイントをシンプルに管理できます。

エージェントレスのエンドポイント管理により、ユーザーの Android デバイスや iOS デバイスにソフトウェアをインストールすることなく、パスコード設定を必須化したり特定のアカウントをワイプしたりすることができます。この機能はデフォルトで有効になっています。

モバイルの使用状況やトレンドは、レポート セクションにある視覚化されたデータでいつでも追跡できます。

従業員に必要なアプリを今すぐ提供する

管理コンソールから Google Play(エージェントレス型)または Apple の App Store 経由でビジネス アプリケーションを配布します。内部限定の Android アプリを Google Play プライベート チャンネルでホストします。

個人のデバイスの持ち込み(BYOD)

従業員は自分のスマートフォンやタブレットを仕事でも使いたいと考えています。G Suite のエンドポイント管理を利用すれば完全な BYOD を実現できるので、従業員に好きなデバイスを使ってもらいながら会社のデータを容易に保護できます。

瞬時に導入

導入時に従業員の生産性が下がるようなことはありません。従業員の端末の登録が完了すると、サーバー側の証明書を含むすべての Wi-Fi 設定やメール設定がすぐに端末に適用されます。

Android

Android ではビジネス用アプリと個人用アプリが別々に管理されるため、従業員は自分の Android デバイスを仕事とプライベートの両方で使用できます。会社所有デバイスの設定も簡単に行え、セキュリティ機能も充実しています。

Google は Gartner 社から、2018 年度 Gartner Peer Insights Customers' Choice を企業向けモバイル管理スイート部門で受賞しました。

Gartner Peer Insights Customer’s Choice 2018
Gartner Peer Insights Customers' Choice のロゴは、Gartner, Inc. および / またはそのアフィリエイトの商標およびサービスマークであり、同社の許可を得て使用されているものです。著作権はすべて同社が有しています。Gartner Peer Insights Customers' Choice の各賞の授与先は、個々のエンドユーザーの実際の使用に基づく主観的意見、Gartner Peer Insights に公開されているレビューの数、および当該ベンダーに関する市場での総合的な評価によって決定されるものであり(詳しくはこちらをご覧ください)、Gartner 社またはそのアフィリエイトの意見をいかなる形でも表すものではありません。

モバイル管理についてのよくある質問

エンドポイント管理の利用には追加料金がかかりますか?

かかりません。エンドポイント管理は G Suite に付属している機能です。一部の高度な機能については、ご利用に Business 版または Enterprise 版のライセンスが必要です。

エンドポイント管理は Android、iOS、macOS、Windows デバイスで機能しますか?

はい。管理者は Android と iOS の両方にポリシーを適用でき、従業員は仕事に使いやすいデバイスを自由に選ぶことができます。Windows、macOS、Chrome OS、Linux デバイスからのアクセスは記録され、必要に応じてブロックできます。

エンドポイント管理を利用するにはどうすればよいですか?

14 日間の試用を開始していただくか、G Suite の詳細についてお問い合わせください。すでに G Suite を利用されている場合は、管理コンソールでエンドポイント管理を有効にする方法をご確認ください。