機能一覧

G Suite の主な機能を、実際の利用シーンにあわせてご紹介します。

話す、伝える

ビジネスメール 1 ユーザーあたり 30 GB または 無制限の保存容量と、強力な検索や迷惑メール フィルタ、ウイルススキャン機能などを標準装備する高機能メールです。 Gmail
テキストチャット 1 対 1 または複数人でテキスト チャットができます。チャットの履歴は自動的に Gmail に保存され、メールと同時に検索できます。 ハングアウト
ビデオチャット 最大 25 人まで参加できるビデオ会議です。同じ資料をみながら会議をしたり、参加者全員でひとつの文書に議事録を書き込んでいくこともできます。 ハングアウト
画面共有機能 パソコンのデスクトップを共有することできます。共有した画面はお互いに操作できるので、遠隔地からの業務サポートが簡単に行えます。 ハングアウト
メーリングリスト チームメンバー用のメーリングリストを無料でいくつでも作れます。顧客にメール マガジンを送るときにも便利です。 グループ
代表メールの作成 会社の代表アドレスやサポート専用アドレスなど、無料でメール アドレスをいくつでも追加できます。 グループ
連絡先管理 会社で共有する連絡先と、個人で管理する連絡先の両方をまとめて表示できます。携帯端末の連絡先とも同期できます。 連絡先
社内 SNS(Google+) Google+ を使って、テキストや画像、動画などによる情報共有が可能です。情報は、社内向け、チームメンバーのみなど、公開範囲を制限できます。 Google+

スケジュールを管理

スケジュール管理 チームのメンバーとスケジュールを共有することが可能です。Android や iOS のカレンダーと同期できるので、使い慣れたアプリで予定を管理できます。 カレンダー
施設予約管理 会議室やプロジェクター、社用車など、会社の施設や備品使用の予約を管理し予約状況を共有できます。 カレンダー
リマインダー 予定の開始時間をメールやポップアップで受け取ることができます。スマートフォンでも通知を受け取れます。 カレンダー
繰り返しイベントの作成 毎月、毎週、毎日、平日のみなど、繰り返しイベントを柔軟に設定できます。 カレンダー
会議依頼メール 予定に他の参加メンバーを追加すると招待メールが送信されます。受け取った招待メールの中で簡単に出欠の返答をすることができます。 カレンダー
ToDo リスト ToDo リストでタスクの管理ができます。タスクに締め切りを設定するとカレンダーと連携し、カレンダー上もでタスクを管理できます。 Gmail

ファイルを管理

ファイル管理機能 Google ドライブに保存したファイルは、デスクトップのようにウェブ ブラウザ上でドラッグ & ドロップして、ファイルのアップロードや移動が可能です。 ドライブ
ファイルのプレビュー機能 40 種類以上のファイル形式を、専用ソフトがなくてもウェブ ブラウザ上でプレビュー可能です。画像や動画、Office ドキュメントや Adobe Photoshop® 形式もプレビューできます。 ドライブ
無制限の保存容量 G Suite Business なら、Google ドライブの保存容量は無制限。必要なファイルをすべて保存しておくことができます。
5 ユーザー未満での契約の場合は、1 ユーザーあたり 1 TB となります。
ドライブ

資料、サイトを作成

オフィス文書の作成 テキスト文書、表計算、プレゼンテーションなどのオフィス文書を作成可能です。文書をメンバーと共有したり、複数人で同時にひとつの文書を編集することもできます。 ドキュメント スプレッドシート プレゼンテーション
アンケートの作成 社内で使う申請書や顧客向けのアンケートなど、入力フォーム付きの文書を簡単に作成して公開できます。回答を自動的に Google スプレッドシートに保存して集計することもできます。 フォーム
社内ポータルサイトの作成 社内ポータル サイトやプロジェクトのサイトを簡単に作成できます。部署ごとに編集できるページを指定するなど、柔軟な権限設定が可能です。 サイト
一般公開サイトの作成 独自ドメインを使用したホームページを専門知識なしで作成可能です。カレンダーを埋め込んで定休日を表示したり、写真のスライドショーを表示することも可能です。 サイト
履歴管理機能 ドキュメントの編集・変更内容は自動的に履歴として保存されます。詳細な変更履歴を見たり、編集前の状態に戻すことも可能です。 ドキュメント スプレッドシート プレゼンテーション

情報を共有

カレンダーを共有する 指定した相手と自分のスケジュールを共有できます。「編集を許可する」「予定の有無だけを見せる」など、共有相手に応じて柔軟な権限設定が可能です。 カレンダー
ファイルを共有する Google ドライブに保存したファイルを、指定した相手と共有することができます。メールでは送信できない容量の大きなファイルも共有でき、アクセス権限も細かく設定可能です。 ドライブ
連絡先を共有する 個人で管理する連絡先とは別に、社内で連絡先を共有することが可能です。個人の連絡先を指定した相手と共有したり、CSV 形式で書き出して送ることもできます。 連絡先

作業の手間を軽減

翻訳機能 80 カ国以上の言語を相互に翻訳可能です。Gmail に届いたメールを受信トレイ内で翻訳したり、ウェブサイトの外観を保ったままテキストだけ翻訳することもできます。 Gmail
迷惑メールフィルタ Gmail には強力な迷惑メール フィルタを標準搭載。メール処理にかかる余計な手間を減らし、フィッシング詐欺などセキュリティのリスクも最小限に抑えます。 Gmail
強力な検索機能 検索サービスで培った強力な検索機能を、幅広いサービスで利用可能です。ファイル名のほか、作成者や作成した日時、さらにドキュメント内の語句も検索対象です。 Gmail カレンダー ドライブ グループ サイト Vault
検索ワード予測機能 検索欄に単語を入力すると自動的に候補が表示されるので、すばやく検索することが可能です。 Gmail カレンダー ドライブ グループ サイト Vault

G Suite を管理

管理者機能 利用状況の監視やセキュリティの設定、端末の管理など、管理者に必要な機能はすべて専用の管理コンソールからアクセスできます。 管理コンソール
グループ管理機能 グループを作成し、そのグループ内だけでファイルやスケジュールなどを共有することが可能です。所属メンバー以外はアクセスできないので、機密情報を安全に扱うことができます。 グループ
ユーザー管理機能 ユーザーの追加や削除に加え、使用中の保存容量や利用状況などを確認することも可能です。 管理コンソール
セキュリティ設定機能 ユーザーが設定したパスワードの安全性確認、再ログインの要求、2 段階認証の導入など、幅広いセキュリティ設定が可能です。 管理コンソール
モバイル端末管理機能 携帯端末のアクセス許可、同期方法の設定、セキュリティの設定などが可能です。 管理コンソール
リモートワイプ機能 ユーザーが携帯端末を紛失した場合、管理画面から端末にアクセスして端末内のデータを消去することが可能です。 管理コンソール
レポート機能 Gmail やカレンダーの利用率、使用中の保存容量といった利用状況を確認可能です。また管理者の操作記録や不審なログインの監視状況も見ることができます。 管理コンソール
監査対策オプション すべてのメールやチャット、Google ドライブ上のファイルを自動的にアーカイブし、確実に保存します。訴訟対策や監査などで電子データの開示が必要になったときは、強力な検索ツールを使って関連するデータをすぐに取り出すことができます。 Vault

利用環境を設定

多言語対応 ユーザーごとに、英語や日本語、中国語、その他の言語など、使用する言語を設定できます。

ブラウザ以外で使う

スマートデバイス用 Gmail Android や iOS 向けの Gmail アプリケーションを使えば、いつでもメールの送受信が可能です。
スマートデバイス用 Google ドライブ Android や iOS 向けの Google ドライブ アプリケーションを使えば、いつでも必要なデータにアクセスすることが可能です。
スマートデバイス用 Google ドキュメント Android や iOS 向けの Google ドキュメント アプリケーションを使えば、いつでも文書の作成や編集が可能です。
スマートデバイス用 Google スプレッドシート Android や iOS 向けの Google スプレッドシート アプリケーションを使えば、いつでもスプレッドシートの作成や編集が可能です。
スマートデバイス用 Google プレゼンテーション Android の Google プレゼンテーション アプリケーションを使えば、いつでもプレゼンテーションを作成したり、相手に見せることが可能です。
パソコン用 Google ドライブ パソコンに Google ドライブをインストールすると、Google ドライブ上のフォルダをパソコン内のフォルダと同期することができます。
機能一覧

G Suite の最新情報をお届けします

ニュース、製品のアップデート情報、イベントのご案内などを定期的にメールでお送りします。

有効なメールアドレスを入力してください。

お問い合わせいただきありがとうございます。近日中にご連絡させていただきます。

※ご登録いただいたメールアドレスは、Google のプライバシーポリシーに則って扱われます。