いまさら聞けないキーワード

普段目にする単語も、正確な意味を説明するのは意外と難しいもの。ここでは、IT を使った仕事の効率化を検討するときに覚えておきたいキーワードをご説明します。

クラウド

クラウドは、“クラウドコンピューティング”を略した言葉で、データを自分のパソコンや携帯電話といった端末内に保存する代わりに、インターネット上に保存する使い方やサービスを指します。例えば、パソコンの故障や災害時でもクラウドにデータが保存されていれば、データが失われることがありません。クラウドサービスが以前よりも使いやすくなった今、導入する代表的なメリットは以下の通りです。

簡単に使える手軽さ

パソコンにソフトをインストールしたりすることなく、ウェブブラウザがあれば簡単に利用できます。

社内サーバーよりも割安

社内に専用のサーバーを導入して環境を構築するよりクラウドの方が低コストになるケースが多いです。

セキュリティ技術の向上

近年はクラウドサービスのセキュリティ技術も格段に向上しているので、特別な対策をとらずに使用できます。

グループウェア

グループウェアは、仕事の進め方を効率化するためのツール群です。例えば、個人のスケジュールや仕事の手順書をチームメンバー全員で共有して社内コミュニケーションを円滑化したり、プレゼン資料を複数のメンバーで同時に作成するなど、新しい働きかたが可能になります。

ビジネスメール

スマートフォンやタブレットからも閲覧可能なので、外出先でもメールのやり取りが簡単です。

スケジュール管理

チームメンバーのスケジュールが共有されるので、メンバーの空き時間がひと目で分かります。

書類作成・保存

書類の作成や保存ができるので、複数人で編集しても、常に最新ファイルになります。

ビデオ会議

離れた場所にいてもパソコンやスマートフォンがあれば簡単に顔を見ながらの会議ができます。

社内ポータル

社内のノウハウや情報を1つの場所に集約して、社員全員に共有できます。

管理・セキュリティ

近年はサービスの使い勝手やセキュリティ技術が格段に向上し、メルアドの追加やセキュリティ対策などが簡単です。

独自ドメイン

独自ドメインとは、例えば、you@google.com というメールアドレスであれば、「 google.com 」の部分に当たります。独自ドメインをとると「 www.your-company.com 」、「ユーザー名@your-company.com 」といった社名を入れたホームページやメールアドレスを持つことができます。現在は「会社名.co.jp」など、日本語を含んだドメインも利用できるようになっています。

インターネット上の住所

メールアドレスやホームページに使われるインターネット上の住所のようなものです。各ドメインは世界で1つなので、ホームページなどを見つけることができます。

好きな名前で取得可能

社名やサービス名など、お好きな文字でドメインを取得することを「独自ドメインをとる」といいます。

信頼感を与えられる

独自ドメインを使えば、ドメイン名を見るだけでメールやウェブページがその会社のものであることが分かるため、信頼感やブランドの強化につながります。

いまさら聞けないキーワード

G Suite の最新情報をお届けします

ニュース、製品のアップデート情報、イベントのご案内などを定期的にメールでお送りします。

有効なメールアドレスを入力してください。

お問い合わせいただきありがとうございます。近日中にご連絡させていただきます。

※ご登録いただいたメールアドレスは、Google のプライバシーポリシーに則って扱われます。