Google Cloud Japan 代表の阿部より、日本の企業の皆様へのメッセージを、インタビュー形式でお伝えいたします。

[質問] 昨今、ますますクラウドテクノロジが広く受け入れられ、実際にクラウドを前提としたサービスも増えている印象です。ユーザーがクラウドを恐れなくなってきている証拠ともとれますが、企業においても同様でしょうか? また、企業ならではのトレンドはありますか?

[阿部] はい、企業においても同様だと感じます。特に、いわゆるパブリッククラウドに対する恐れがなくなってきており、真の意味でのクラウド活用が進んでいます。これは、テクノロジに対するリテラシーの向上だけではなく、安全であると思える分野から実証実験を行い、「クラウドでも大丈夫である」という相場観が醸成されたからです。また企業が経験値を積んだからこそ、企業内でのクラウド利用の基準がクリアに策定できているためです。

一方で、多くの経営者の関心を集めているのは、IoT や Machine Learning といった先端技術を、どう事業に取り入れ、新しい事業モデルを構築していくかという点です。すでに実践が始まっている企業も増えています。

培ってきたノウハウや顧客、つまりは企業の”のれん”を活かすために、自社で全てのプラットフォームを構築運用するのではなく、クラウドに委ねコアバリューへの注力が加速しています。 さらに、AI などのテクノロジーを取り入れれば、新たな利益を生み出せると考えている経営者の方も多くいらっしゃいます。最先端のテクノロジーは、初期はいわゆる IT 業界のデジタルプレイヤーがビジネス革新を起してきましたが、IT 以外を本業としているリアルなプレイヤーが、企業のコアバリューとテクノロジーを組み合わせ、新しいイノベーションを起こそうとしていると聞く機会も増えました。

例えば、”Fin Tech” というキーワードが最近のトレンドとなっていることが示すように、業界として厳しい基準があったところでこそ、積極的にテクノロジーを取り入れる潮流が生まれており、特にトップダウンで決断し新しい事業モデルを構築しているケースが増えています。

新しいテクノロジーで新事業を構築するだけではなく、同時にデジタル ワークスペースへの変革が重要

[質問] その際、企業は何に留意すればよいのでしょうか?

[阿部] 決断にあたって掲げるビジョンにあわせ、新しいテクノロジーで新事業を構築していくだけではなく、同時に新しいビジネスのやり方を変えていく必要があると思います。

デジタル テクノロジーの導入でマーケットプレイスを変革するのと同時に、働き方や働く場所もデジタル化していく、即ちデジタル ワークスペースへの変革が重要であると気づき実践する経営者が増えています。

「ワークスタイル変革」でも特に、日々のビジネス面つまり「現場」での具体的な実践が重要であり、そこから着手すると言う声をよく聞きます。また Google での働き方やワークスペースに関するご質問をいただくことも増え、弊社の働き方を体感いただける機会も提供しています。

[質問]「お客様の声」というお話がありましたが、G Suite としては、日本のお客様に対して、今年はどのような点に注力するのでしょうか。

[阿部] G Suite は、大企業のお客様だけでなく、中堅中小企業のお客様が導入しているというのが市場での認知です。しかしながら、中堅中小企業と一言で言っても、業種業態は多様で、市場全体としてクラウドに対する認識の成熟に伴い、利用状況も変化しています。これまで培ってきた「生産性向上」「情報管理」「コラボレーション活性化」を提供するサービスとして広く受け入れられ、一層その強まりを実感しています。

利用状況の変化にともない、クラウドで実現できるソリューションをより拡充していきたいと考えています。例えば、オフィスワーカーだけではなく、小売業(店舗)、流通業(倉庫)、介護、農業といった「現場」で働く「フィールドワーカー」の皆様の働き方をデジタル化し、より働きやすい環境を推進します。

上記の業種業態は、地理的カバレッジにビジネスが左右されやすく、いかに効果的に従業員の配置を行なうかなど、少子高齢化にともない労働力が減少しても、業務を遂行できる働き方の改善が求められます。

その改善にはコミュニケーションの効率化とリアルタイム化が鍵になり、お客さまとともに現場の声を集め、クラウドでその基盤を支えていきたいと思います。

これには「日本の働き方が、よりクリエイティブに、革新的なアイデアを生み出し実現できることを支援する」という Google Cloud のビジョンが根底にあります。毎日の生活で親しまれ活用いただいている Google のサービスの優れたところを、仕事の場面でもお使いいただけることを目指しています。

[質問] 働き方やデジタル ワークスペースという点について、働く環境をより良くするために、ご自身が組織のリーダーとして心がけていることはありますか?また、Google らしい取り組みがあれば教えてください。

[阿部] 我々のビジネスは、言うまでもなくお客様あってのビジネスです。お客様の満足度向上、つまりお客様にハッピーになっていただくためには、まずは我々が会社としてハッピーでなければなりません。またチームのリーダーがハッピーでない限り、チームもハッピーにはなれませんので、私自身が率先して仕事が面白く楽しくなるよう心がけています。主体性、オーナーシップを持って、自分の仕事をデザインしていくことが大事だと考えています。

加えて、働きやすい環境をどう創っていくかという観点で重要なのが、企業カルチャーです。例えば、イノベーションを推進したいと思っても、皆が常にイノベーションを意識していないとイノベーションは生まれません。そういった基本的な考え方、価値観、行動を創り上げていくのがカルチャーです。例えば Google には、「10%より10倍 ※」といったようなシンプルで覚えやすい、価値観を表す言葉が沢山あります。議論が迷走した際には原点に立ち返る必要がありますが、そんな時にはこういった標語が大きな役割を果たします。皆が反芻して、納得して、言葉の背景にある考えを自分のものにしていることが、カルチャーが定着していくひとつの要因になっています。

※ 10%の向上ではなく、10倍の向上を実現するような Big Thinking を行うこと

Google のカルチャーについてもう少しお話すると、Google 会長のエリック・シュミットが How Google Works という本を著しているのでお読みになった方もいらっしゃるかも知れません。Google ではテクノロジーへの洞察、業務・ビジネスへの理解、創造性の 3点を備えたイノベーションを生み出す人材をスマート・クリエイティブと呼び、彼らが集う明快で高邁なビジョン『世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること』を掲げ、スマート・クリエイティブがスマート・クリエイティブであり続けられる環境の構築をゴールに据えています。そこでいう環境とは、カルチャーや人事・勤務制度といった目に見えないものから、オフィス環境、 G Suite といったツールなどの目に見えるものまで多岐にわたります。

企業の IT 部門は、従業員一人ひとりの働き方を変えるために、IT の役割を自ら再定義していく

[質問] 環境の構築にあたって、変革の時代にある今、企業の IT はどうあるべきとお考えですか。

[阿部] 地球全体の環境の変化、グローバル化、少子高齢化など、日本社会や企業を取り巻く環境が激変しています。一方で、技術革新のスピードはますます加速し、企業は変化への対応を常に求められています。ひと昔前までは、皆が同じ場所で同じ時間帯に働いていることが多かったのでそれでも成立しましたが、環境の変化に伴い、異なるライフスタイルの同僚や取引先が増えてくると、働き方も多様化し、変革のアイデアを生み実現していくためのコラボレーション(共同作業)が難しくなってきているのが実情です。

そこで、企業の IT 部門の方々には、従業員が変革を生み続けられる働き方やツールは何かを考え、実践していただきたいと考えています。冒頭の話にも通じますが、企業が持っている本当の強さを遺憾なく発揮していくために、社員一人ひとりの働き方をツールで変えていくことが仕事だというところに考え方をシフトしていただきたいのです。実際、先進的なお客様から変わり始めており、IT の役割を自ら再定義され、再定義したビジョンに向かってチームを導かれているお客様もいらっしゃいます。

ぜひお客様ならびに Google Cloud パートナーの皆様と一緒に、この実践を進めてまいりたいと思います。


  • Google Cloud Japan

  • トピック
    クラウド ストレージ, コラボレーション、カルチャー、G Suite、IT 管理者, イノベーション, 生産性, ROI, 中小企業, 変革, よりよく働くヒント, ワークプレイス

  • 職種
    すべて

  • 業界
    すべて

お問い合わせ・ご相談を承ります