よくある質問

プログラムの基本的な内容

このプログラムは日本からも参加できますか。

このプログラムは次のの方々にご参加いただけます。一覧にない国における場合も、G Suite が顧客のニーズを満たす適切なソリューションであれば、Google が公開している資料を活用して顧客に G Suite をすすめてください。

どのような Google プロダクトを販売できますか。

G Suite の公式パートナーになると、G Suite、G Suite Business または Google ドライブ、Google Vault、ドライブ ストレージ、Google Message Encryption を販売することができます。

販売対象を教えてください。

G Suite パートナーは、従業員数 750 人までの企業および教育機関に対してサービスを販売することができます。750 人を超える規模の企業または政府機関に対する案件については、Google からの特別な承認が必要であるため、チャネル マネージャーにお問い合わせください。

案件登録はありますか。

はい。パートナーは承認後、Google に案件を登録することができます。ただし、顧客は利用するパートナーをいつでも自由に選択できます。

G Suite パートナーの役割

Google が G Suite のパートナーを必要とする理由を教えてください。

パートナーは顧客満足度を左右する重要な要素の 1 つであり、また、Google が世界中の顧客に対応する上で必要な存在です。パートナーには、地域の顧客担当と専門家として、幅広い関連サービスを提供していただきます。

パートナーを通して購入するとどのようなメリットがありますか。

パートナーは、顧客が G Suite を最大限に活用し、初期設定、移行、カスタマイズ、継続的なユーザー エクスペリエンスの実現を容易にするために必要なサービスを提供するという役割を担う存在であるためです。

Google に顧客を奪われるのではありませんか。

Google のプログラムは、パートナーが顧客対応(請求や価格設定からサポートまで)、サービスのカスタマイズ、コミュニケーションを制御できるように設計されています。Google は、最高レベルのサービスを構築し、パートナーが最高レベルのエクスペリエンスを提供できるようにすることを重視しています。

顧客の既存のアプリケーションをすべて G Suite に置き換えなければなりませんか?

いいえ。G Suite には、他のアプリケーションやシステムと一緒に使用したり、個別に使用できるように設計されているモジュール型のサービスセットが含まれています。Google では Microsoft® やその他の一般的なシステムとの相互運用をサポートしています。

G Suite でビジネスを構築

G Suite は良心的な価格ですが、販売パートナーはどのように収益を上げることができますか?

クラウドに移行すると、ライセンスに関わる絶対的マージンが減る一方で、パートナー サービス(コンサルティング、データ移行、変更管理など)の重要性が高くなります。ライセンスのコストが低くなるため、顧客がパートナー サービスに割ける予算が増えます。

多額の先行投資をする必要がありますか。

いいえ。G Suite への投資額は顧客の関心や導入に応じて増減できます。パートナーにはサービスや販売のトレーニングに先行投資していただくことをおすすめしています。G Suite Partner API を使用して注文を自動化する場合は、開発に追加投資が必要になります。

従業員に初期トレーニングを施すにはどうすればよいですか。

販売、導入、サポートに関する初期トレーニング資料については、プログラム参加後にお問い合わせいただけます。

パートナーになった後の支払いの流れについて教えてください。

クライアントのライセンスのプロビジョニングは、パートナーがパートナー コンソールで直接行います。また、提供するサービスの料金についてはパートナーから顧客に請求してください。パートナーの顧客に対して Google から請求を行うことはありません。お支払いオプションには、前払い(1 回払い)と後払い(月単位)の両方をご利用いただけます。指定したお支払い設定に従って、コンソールに追加したすべてのライセンスについて、割引価格を毎月末にご請求します。お支払い方法にはクレジット カード、銀行振込のいずれかをご利用いただけます。

契約の利用規約はどこからダウンロードできますか?

パートナー利用規約に同意して承認されると、パートナー コンソールで契約書をダウンロードできます。また、利用規約に同意した後はいつでもパートナー コンソールの各ページの下部にある [利用規約] リンクをクリックして、パートナーの契約書をダウンロードできます。

サービス レベルとサポート

エンドユーザーにサポートを提供するのは誰ですか。

パートナーには、顧客にパッケージ全体を提供すると共に、第一線のサポートを提供することをおすすめします(必須ではありません)。顧客の管理者用コントロール パネルにあるサポートリンクをカスタマイズして、あなたの連絡先情報を指定することもできます。

パートナーとしてどのようなサポートを受けられますか。

パートナーは、用意されているオンライン リソースを活用した後で、必要に応じて G Suite サポートチームに次のレベルのサポートを求めることができます。また、それぞれの判断で、G Suite サポートチームに技術的問題をエスカレーションすることができます。このサービスはパートナーを対象としたものであり、エンドユーザーにこのサポートが直接提供されることはありません。

サービスを提供するのは Google ですが、SLA はどのように機能しますか。

Google、パートナー、顧客の間の SLA に関する主な契約がいくつかあります。

  • Google とパートナー: Google とパートナーの間に交わされるパートナー契約は、再販に関する相互の義務について定めたものです。パートナーによるパートナー コンソールの使用に関して、Google が負うサポート義務の定義が含まれます。
  • パートナーと顧客: パートナーは、請求と支払いの条件、G Suite に関連するサービス、その他の条件について規定されたパートナーと顧客間の契約を結びます。
  • Google と顧客: パートナーによって新規顧客のプロビジョニングが行われた後、顧客は Google と顧客に対して拘束力を持つ利用規約(TOS)に同意する必要があります。TOS では、Google によるサービス提供の条件、顧客データのプライバシー保護、および顧客の利用規定(スパム、ポルノ、著作権侵害の禁止など)への準拠が定められています。TOS の一部として、Google では G Suite サービスの可用性に関する SLA および SLA 違反の場合の救済措置(サービス提供日を数日追加)を提供します。パートナーからサービスを受けている顧客に対しては、パートナーが救済措置を提供するものと定められています(Google がパートナーに対してサービス提供日を追加するので、パートナーはそれらを顧客に提供する必要があります)。TOS には、G Suite 顧客の IT 管理者に対する Google のサポート義務について定めたテクニカル サポート サービス ガイドラインも含まれています。

信用調査のガイドライン

信用調査が必要な理由

Google のパートナー プログラムは、パートナーが顧客との関係を継続し、Google がパートナーとの請求関係を維持することを目的としています。Google とパートナーの間の金銭的関係が悪化すると、顧客サービスの低下を招く恐れがあります。このような事態を最大限回避するために、プログラムの承認を受ける前に、各パートナー応募者には Google によって信用供与条件が課せられます。

信用調査の審査通過の要件

  1. 信用実績に問題がない、登記済みの事業体である必要があります。
  2. 会社を登録した国に応じて、異なる会社登記情報が必要です。北アメリカまたは大部分のヨーロッパの国: Dun & Bradstreet 番号で十分です。この番号をお持ちでない場合は、「その他すべての地域」をご覧ください。その他すべての地域: Dun & Bradstreet 番号をお持ちでない場合は、政府の印章が押された、会社の法定住所を示す、登記簿謄本か法人設立認可証(またはお客様の司法管轄区においてこれに準じるもの)などの会社登記文書の写しが必要です。文書が英語で書かれていない場合は、登記文書に 1. 登記済みの事業体の名前、2. 登記済みの事業体の住所、3. 事業体の登記番号、4. 事業体の登記日の簡単な翻訳を添えてください。

個人事業主の場合

上記の要件を満たす個人事業主については、信用供与条件が考慮されます。個人業主や個人事業主であっても、登記済みの事業体ではない場合や、自身の名前、屋号、または架空の名前で事業を行っている事業体の場合は、Google では信用供与条件を認められません。

信用調査に要する期間

信用調査には、追加の書類提出が必要な国かどうかに応じて、3~7 日ほどかかります。(追加の書類提出が必要な国については、こちらをご覧ください)。