導入事例

イーショップハイブ株式会社

EC サイト運営で要求されるスピード感。それを実現するために、G Suite による 情報 & スケジュールの共有がとても役立っています。

ほかのグループウェアを使ったことがありますが、ファイル共有機能がいまひとつ…… と感じていました。

弊社設立前、勤めていた会社で導入されていたグループウェアをいくつか使ったことがあります。しかし、いざ自分が会社を立ち上げようという際、それらのサービスは、ファイル共有機能の脆弱さや莫大な初期費用といった面から現実的ではないと考えていました。

私たちが欲していたのは「ファイル共有、カレンダーといった情報共有機能を持ち、なおかつ、スマートフォンで同期できるサービス」です。EC サイト運営という業務の性質上、ファイルのやり取りは社内外問わず、かなり多いですし、プロジェクトごとのスケジュール管理も必要ですから。

比較検討をする必要ナシ!サービス内容から、Google の一択でした。

サービス内容、Gmail で実感していた利便性、そしてなによりもコストパフォーマンスを考えたら、ほかの選択肢はなかった、というのが実際ですね。

もともと私個人が Gmail を使っており、Google という企業のサービスには注目していました。ちょうど会社を作ろうと動いていた同時期に、G Suite のサービスが本格スタートし、「これが自分たちの望んでいたサ―ビスだ!」と思ったんです…… といっても、じつは、ほかのサービスとの比較検討はほとんどしていません(笑)。

サービス内容、Gmail で実感していた利便性、そしてなによりもコストパフォーマンスを考えたら、ほかの選択肢はなかった、というのが実際ですね。

メリットは、リアルタイムでの情報共有につきます。EC サイトはスピーディーな対応が命ですから。

Google カレンダーで誰がいつ何をしているかを把握できるので、急な対応が必要な時でも、的確な指示を出すことができ、対策までのリードタイムがとても短くて済むわけです。

現在、弊社のスタッフ数は 6.5 人。0.5 の部分は、海外勤務という意味です。決して多くはない人数ですが、EC サイト運営は、情報共有とコミュニケーション、そしてスピード感が要求されるビジネスです。たとえば、リアル店舗では売上集計やそれに対する対策というのは、週ごとや月ごとに行うのが一般的かと思いますが、EC サイトでは毎日売上や検索順位変動などを分析し、すぐに SEO や広告文章の差し替えなどの対策を打つ必要があります。

そこで G Suite です。Google ドライブによるファイル共有では、リアルタイムの更新が可能で、常に最新情報を確認することができます。Google カレンダーで誰がいつ何をしているかを把握できるので、急な対応が必要な時でも、的確な指示を出すことができ、対策までのリードタイムがとても短くて済むわけです。 Gmail についてチャット機能も日常的に使用しています。こちらは「このリンク、ちょっと見てくれる?」といったようなミーティングまでいかないレベルのコミュニケーションに最適です。

これらは社内に限ったことではありません。パソコンとネットワークさえあれば、自宅でもオフィスと変わらない環境を作ることができます。女性スタッフの体調が優れない時など、こういったクラウドサービスは本当に便利だと感じますね。同様に、アウトソーシング先のスタッフとも進捗管理、納品管理といったことが可能です。今はたいていの方が Gmail のアカウントを持っているので、会社の枠を越えたグルーピングでの情報共有が可能です。このあたりは、まさに Google のブランド力と言えそうですね。

もうひとつ、弊社が G Suite に助けられているのが、いわゆる総務関係です。弊社はベンチャー企業ということもあり、総務に人員を割くことが容易ではありません。専任がいないため、諸々の書類をいちいちプリントアウトして手渡し、口頭で説明して…… という作業を「総務シート」を作成し、共有することで、簡略化しています。

簡略化という意味では、アカウント管理が簡単な点もいいですね。通常、アカウント名を変えるときは、新しいアカウントを取得することになりますが、G Suite はアカウント名を変えるだけで OK。ユーザーに固定されず、数だけで管理しているので、プロジェクトごとに変更 していくこともできます。 EC サイト運営という主軸の事業だけでなく、社内の総務まで。すでに弊社の事業は、G Suite なしでは成り立たないほどです!