導入事例

株式会社スリーオーク

「ある大家さんと話し合い、家賃の引き下げを決めたら、担当がそれをスプレッドシートで更新。借りるお客様担当の営業は、スプレッドシートから最新の家賃を確認してご案内できる、というわけです。」

代表取締役 塩澤 正徳さん

不動産のような日々変化するものを対象に、几帳面に丁寧に仕事をしようとすると、どこにいても同じように働ける環境が必要となり、G Suite へと移行しました。

店舗を構えて動くようになって自宅と店舗の両方が仕事場となったのですが、どこにいても同じように仕事ができる環境を作りたかったのです。

起業直後は、自宅を主な仕事場としていました。事業が大きくなり、店舗を構えて動くようになって自宅と店舗の両方が仕事場となったのですが、どこにいても同じように仕事ができる環境を作りたかったのです。不動産のような日々変化するものを対象に、几帳面に丁寧に仕事をしようとすると、どこにいても同じように働ける環境が必要となります。その環境を実現するにはクラウドしかないと思い、さくらインターネットのメールから G Suite へと移行しました。2009 年のことですが、Google のサービスであるという信頼感と、クラウドサービスの開拓者として当時は他のものがなかったという点から、G Suite 以外のサービスは検討しませんでした。

どこにいてもリアルタイムの情報共有や情報の同期ができることで、お客様を待たせることもなく、クレームも回避できるようになりました。

リアルタイムな情報共有により、古い家賃情報などの情報を案内したために生じるクレームも回避できるようになりました。

当社には専用の物件データベースはあるのですが、社外からリアルタイムで情報を更新したり、社内で行った更新を外出先から確認することができないため、空室管理には Google スプレッドシートを活用しています。例えば、ある大家さんと話し合い、家賃の引き下げを決めた場合、それを担当がスプレッドシートで更新します。借りるお客様側を担当している営業は、スプレッドシートから最新の家賃を確認し、お客様にご案内できる、というわけです。また、このリアルタイムな情報共有により、古い家賃情報などの情報を案内したために生じるクレームも回避できるようになりました。

賃貸の契約は、「宅地建物取引主任者」が同席のもと行う必要があります。私がその資格者なので私が担当している場合はいいのですが、他の営業が担当した物件の場合、お客様と営業、そして私のスケジュールをあわせて契約日を決める必要があります。本来なら大変手間になる手順ですが、当社では、営業担当者はいつでも私の空き時間をGoogle カレンダーで確認できるようにしてあります。お客様のご都合を伺いながら私のカレンダーを確認し、最適な契約日を決め、私のスケジュールをブロックしておくことができるので、お客様をお待たせすることなく、契約ができるようになりました。

不動産業は、物件の案内だけでなく、点検や大家さんの訪問など、外出することが多い業種です。Gmail にある Google コンタクト(連絡先)は、端末を問わず、メールアドレスや電話番号が外出先からでも確認できるので、連絡先管理が簡単になりました。電話専用の端末を買ったのですが、これも、G Suite のアカウントでログインしているので、連絡先情報を転送したり作りなおしたりする必要なく、これまでの連絡先がそのまま使えています。

地元密着のビジネスを行っていると、建物を建てる時から関わる物件もでてきます。そのような物件には、それに特化したホームページを作りたいと思っています。建物別、大家さん別など、より詳しくご紹介したい物件の詳細なサイトですね。それを、追加コストなしで作成、頻繁に更新するために、建物の詳細ページを Google サイトで作っています。静的になりがちなホームページではなく、特設サイトを Google サイトで作ることで、より詳細で最新な情報を提供することができるようになりました。

※ G Suite (旧 Google Apps for Work )